CAN’BRICK、CAN’STONEの各種施工要領について、ご案内致します。

CAN’BRICK 外壁施工要領MT-BOND-FLEX 弾力性接着剤張り工法

適用下地:サイディング/コンクリート/ブロック/ラスモルタル 弾力性接着剤(MT-BOND-FLEX)を使用することにより、樹脂モルタルによる湿式工法では施工できないサイディング下地などにも対応できます。 また、従来のモ…
続きを読む


CAN’BRICK 外壁施工要領在来型湿式工法

適用下地:コンクリート/ブロック/ラスモルタル 1.下地処理 a. コンクリートやブロック下地の場合・・・ 下地の点検を行い清掃後に接着増強剤((株)タイルメント EV-300等)をローラーで塗布して下さい。ラスモル下地…
続きを読む


CAN’BRICK 内壁施工要領MT-BOND 接着剤張り工法

適用下地:石膏ボード/硅酸カルシウム板/構造合板/モルタル下地 ※水掛かりのない箇所 1.下地処理 下地面の清掃を行って下さい。下地がしっかり固定されていること、ボード等の継ぎ手部分などに不陸がないことを確認して下さい。…
続きを読む


CAN’STONE 内壁施工方法接着剤張り工法

適用下地:硅酸カルシウム板(比重1.0)(石膏ボードを除く) 構造合板 モルタル下地 ※水掛かりのない箇所 石材施工用接着剤(推奨:(株)タイルメント社製MS-20・一液変性シリコン樹脂系、同社製EPS-20・二液混合エ…
続きを読む


CAN’STONE 外壁施工要領在来型湿式工法

適用下地:コンクリート ブロック ラスモルタル 1.下地処理 a. コンクリートやブロック下地の場合・・・ 下地の点検を行い清掃後に接着増強剤((株)タイルメント EV-300等)をローラーで塗布して下さい。ラスモル下地…
続きを読む


キーストーン・アクセサリー 施工要領

適用下地:コンクリート ブロック サイディングボード 1.下地処理 a. コンクリートやブロック下地の場合・・・ 下地の点検を行い清掃後によく乾燥させて下さい。 b. サイディングボード下地の場合・・・ 継ぎ目はしっかり…
続きを読む


セメント二次製品 内部床施工要領

適用下地:合板(内装床につきましては様々な施工要領が考えられますがこちらでは内装床用接着剤を用いた施工要領をご案内します。) 1.下地処理 合板は重ね張りし強固で動きがないものとします。 2.張り付け 仮並べをし不陸を少…
続きを読む


セメント二次製品 外部床施工要領

適用下地:セメント・コンクリート 1.下地処理 水の滞留を防ぐため下地に勾配をとり、充分な下地の養生期間を設けて下さい。 下地の養生がなされているか、平滑であるか、クラック等がないか確認して下さい。 クラックや不陸があっ…
続きを読む


弊社製品について

CAN’BRICK・CAN’STONE・CAN’STYLE はセメント二次製品(擬石製品)です。 ●弊社製品について 弊社製品の『CAN’BRICK』『CAN’STONE』『CAN’S…
続きを読む


商品についてのご質問や施工についてのご相談、お見積もり、ご注文などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ カタログ請求 ショールーム