適用下地:コンクリート ブロック ラスモルタル

1.下地処理

a. コンクリートやブロック下地の場合・・・

下地の点検を行い清掃後に接着増強剤((株)タイルメント EV-300等)をローラーで塗布して下さい。ラスモル下地の場合は、十分な養生期間をとり完全に乾燥していること、不陸の少ないことを確認した後、接着増強剤を塗布して下さい。

b. 木下地の場合・・・

防水紙を張りラスモル下地にするか、ラスカット板の上にモルタル下地をつくって下さい。十分に養生期間をとった後、aと同じ作業をして下さい。

※ポイント※

◎施工は雨天時などは避け天気の良い日に行って下さい。
◎寒冷期に施工する場合、気温が5℃以下の時、施工後養生中に5℃以下になることが想定されるときは施工を行わないで下さい。

2.張り付け作業の準備

複数のカートンの中からストーンを取り出し、作業場に仮置きして下さい。
全体的なイメージをつくり張り付け作業をして下さい。

3.張り付けモルタル塗布

樹脂モルタル(推奨:日本化成(株)NS-STモルタル、(株)トクヤマエムテック アドキープ ブリック専用)を下地にしごく様に塗り付けた後2度塗りして5mm程度の塗り厚に調整して下さい。一度に塗る面積はオープンタイム(作業時間)30分以内にストーンを張り終わる面積にとどめて下さい。

※ポイント※

季節や気温などの状況により、オープンタイムは変わります。下地に塗り付けた樹脂モルタルを手でさわってみて手に樹脂モルタルがつかない様な状況であればオープンタイムが長すぎる状態です。確認をしながら作業をし、状況に応じてオープンタイムを短くして下さい。

4.張り付け(改良圧着工法+ 振動工具使用)

1.ストーン裏面をブラシ等で清掃した後、樹脂モルタルをストーン裏面全面にまんべんなく5mm程度塗り付けてから、壁面に張って下さい。ストーンの裏面は凹凸がありますので、しっかり裏面全面に塗り付けられているか確認して下さい。振動工具を使用し、目地部から樹脂モルタルがはみ出すまで十分に押し込んで下さい。
2.施工する場所にコーナー部がある場合はコーナーから張り付け作業を始めて下さい。コーナーピースには長手と短手がありますので、互い違いに張り付けていきます。
3.フラットピースの張り付けには、まず大きめのストーンをはめ込んでいく要領で進めて下さい。

※ポイント※

◎CAN’STONEは吸水率を低く抑えているため、従来のセメント系ストーンの施工の注意点であった、施工前のストーンの水浸しやストーン裏面へのプライマー処理は必要ありません。但し下地はその限りではございませんので、下地は状況にあわせた準備をする必要があります。
◎施工は改良圧着張り工法とし、振動工具を使用して下さい。
◎張り付け途中で接着剤の付着状況を確かめる為、2m²おきに数枚剥して、樹脂モルタルが裏面全体に付着しているか確認しながら作業して下さい。裏面の付着しているモルタルが少なければ下地への塗厚の再確認と調整をしたり、ストーン裏面に塗り付ける樹脂モルタルの使用量を増やして下さい。

5. 加工(寸法調整)

張り付けを上手に納める為にストーンの寸法調整をして下さい。
ダイヤモンドカッター、手斧、ニッパー等を用い、なるべく厚みが薄い箇所を、切断・切削又は分断作業を行って下さい。

6. 目地仕上げ

1.目地部に目地袋等を用いて弊社目地材のMT-MEJIを充填して下さい。 特に張り付けの際の目地部の盛り上がりが少ない箇所には1/2~同面位まで十分補充して下さい。
2.目地仕上は充填したMT-MEJIが硬化する前に目地ゴテ等でしっかり押さえた後、ササラやブラシを使って荒めにかきすじをつけるように仕上げて下さい。

※ポイント※

目地ゴテのコテむらがついても気にせず仕上げ、最後にササラやブラシなどを用い、所々ひっかく様に仕上げると、目地が風化した様に見せることができます。
◎目地無し施工はしないで下さい。

7. 養生・吸水防止処理

通風、直射日光を避け、シート張りなどで養生して下さい。施工後十分な養生期間をとり、完全に乾燥していることを確認後、ストーン表面のダストや目地のダストを十分にブラッシングしてください。その後に浸透性吸水防止剤「REPEL・S」を噴霧器又は刷毛、ローラー等で塗布して下さい。
◎CAN’STONEはセメント二次製品となりますので酸洗いは厳禁となります。

商品についてのご質問や施工についてのご相談、お見積もり、ご注文などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ カタログ請求 お見積り・ご注文