top of page

サウナを素敵にするレンガ調のブリックタイル


サウナ内装におすすめのブリックタイル:選び方とポイント


サウナ内装におすすめのブリックタイル:選び方とポイント

サウナは高温と湿気にさらされるため、内装に使用する素材選びが重要です。適切な素材を使うことでサウナの耐久性やメンテナンス性が向上し、快適な空間を実現できます。

デザイン性、耐久性、取り扱いやすさなどのポイントを押さえたうえで、サウナに適した素材を選びましょう。



おしゃれで機能性に優れたサウナを作るための内装素材選びのポイント


サウナを長く快適に利用するためには、内装の素材選びが非常に重要です。適切な素材を選ぶことで、パフォーマンスの向上やコストの削減、メンテナンスの負担軽減が期待できます。この記事では、おしゃれで機能性に優れたサウナを作るための内装素材の選び方のポイントについて解説します。



予算内で工事が可能か


サウナの内装素材を選ぶ際には、予算を考慮することが重要です。高品質な素材は初期費用が高くなることがありますが、耐久性やメンテナンスのしやすさを考慮すると、コストパフォーマンスに優れている場合もあります。予算内で施工できるかどうかを確認し、コストパフォーマンスの高い素材を選びましょう。



断熱性が高い素材を選ぶ


サウナの素材を選ぶ際には、断熱性が高いことが重要です。断熱性の高い素材を使用することで、温度を一定に保つことができ、エネルギー効率が向上します。これにより、サウナのランニングコストを削減することができます。



耐久性・耐熱性・耐水性が重要


サウナは高温多湿な環境です。このため、内装に使用する素材は耐久性、耐熱性、耐水性に優れていることが必要です。これらの性質を持つ素材を選ぶことで、長期間にわたってサウナを安全かつ快適に使用することができます。


メンテナンスのしやすさ


メンテナンス性の高い素材を選ぶことも重要です。メンテナンスがしやすい素材を使用することで、清掃の手間を減らし、サウナを清潔に保つことが容易になります。これにより、長期的なコストダウンも期待できます。



素材選びの注意点


サウナの内装には木材が一般的に使用されますが、ドライサウナやフィンランド式サウナなど、特定のサウナタイプでは木材の使用に制限がある場合があります。防火対策や断熱工事が必要なケースもあるため、デザイン性を重視する場合には特に注意が必要です。


おしゃれで機能性に優れたサウナを作るためには、内装素材選びが重要です。断熱性、耐久性、メンテナンス性、コストパフォーマンスなど、様々な要素を考慮して、最適な素材を選びましょう。



おしゃれなサウナ作りにはレンガ意匠のブリックタイルがおすすめ


近年では、木材以外の素材もサウナの内装に使われています。数ある素材の中でも、サウナの内装デザインにはキャン'ブリックがおすすめです。ブリックタイルは本物のレンガを踏襲した風合いで耐久性に優れ扱いやすく、少ない手間とコストで施工できる点もメリット。


実際に当社でも、多くのサウナに使用された実績と事例がございますので、施工のご相談などもお気軽にお申し付けください。



ブリックタイル サウナ施設 施工事例




ブリックタイルをサウナ内装に使用する際のご相談はこちらから!


キャン'エンタープライゼズ株式会社

044-433-5001

神奈川県川崎市中原区木月4-28-3 SJビル2F

Comments


サンプル請求へ

CONTACT

各種お問い合わせ

ブリックタイル 擬石タイル 意匠へのこだわり

How to design

意匠へのこだわり

Contact

サンプル、カタログ請求・お問い合わせ

ブリックタイル 施工方法

Installation Manual

施工方法