富岡製糸場 第3章 木骨れんが造編

2016年3月15日 17:22

Category: 近代建築, タイルやレンガ

前回からの続きです。

構造についてです。
建屋は「木骨レンガ造」という造りなのだそうです。

初めて聞く単語だー って思ったら、そういえばこういうことです↓

言っちゃえばコレ

※ストラッドフォードエイボンのシェイクスピアの生家 壁は煉瓦じゃなさそうだけど。
要するにハーフティンバーね。

 

改めて見てみますと確かに木が。

建物の荷重は木でささえており、レンガは言っちゃえばただの壁です。言い過ぎ?

レンガ

でもレンガに荷重はレンガの自重位しか掛かっていないことが想像されます。

組レンガ造だと大きな開口は取りにくいですが、ここは用途がマユや絹の生産保存ですから湿気は大敵。
この構造により通気のための大きな開口扉も設けやすかったのかも。
また工期、費用の点からも利があったようです。
木造

工場内から見れるトラス組ですが梁がダブルになっており、重い瓦屋根を支え、柱を設置することなく大きなスペースを確保させ効率的に機械を設置することが考えられています。

これはブラボーですね。

 

富岡製糸場はここ以前に建設された横須賀造船所と同じフランス人の技術者が設計しており、その横須賀造船所も木骨レンガ造であったとのこと。
残念ながらそちらはもう建物は残っていなく見ることはできません。

近年、富岡製糸場から横須賀造船所のものと思われるレンガが発掘されレンガ製造の為のサンプルに使われた可能性が考えられています。そのような歴史的関係から昨年2015年に富岡市と横須賀市は友好都市提携がなされたそうです。

 

明治時代のレンガの建物は震災や戦災、火事などで無くなっているものが多いのですが

明治初期の工場がほぼ完全な姿で残っているというのはすごいですね。

繰糸所

※画像提供 富岡市・富岡製糸場

レンガに瓦で和洋折衷の大変美しい建物です。繰糸所。こちらも国宝。

 

ハーフティンバーのイメージでフランス積みはデザインとしても色々な場面で使えそうな感じがするのですがいかがでしょうか。

担当M

富岡製糸場 第2章 レンガ編

2016年3月9日 10:25

Category: 近代建築, タイルやレンガ

前回の続きです。

富岡製糸場のレンガを見てみましょう。

 

良質な粘土を産出する富岡近くの甘楽町に釜を作って焼き上げたものです。

レンガ1

当時富岡付近ではレンガなど作ったことがなく、集められた埼玉県深谷の瓦職人に作り方を教え瓦と一緒に焼き上げたものだそうです。

深谷の瓦職人にすれば初めて造ったレンガということになりますが、この時代のレンガの多くが外国人の指導を受け地元瓦屋の技術を用いて製造されていたようです。そういえばレンガって煉瓦って書きますね。

レンガアップ

目地は現代ならモルタルですが、この時代日本ではセメントはまだ製造されてなく代替として下仁田町から採取された石灰を原料とした漆喰と砂を混ぜたものです。

 

ちなみ深谷ですが、富岡製糸場の創業から15年後の深谷に日本初の機械式レンガ工場である「日本煉瓦製造」が設立され、東京駅の構造用(壁の中なので見れません)や万世橋高架橋などで使用されたレンガが焼かれています。レンガの町ともいわれてますね。

これは富岡製糸場からの技術移転と言えそうです。

次章は構造について紹介します。

  • プロフィール

    Can'Enterprises,Inc.

    Author: Can'Enterprises,Inc.

    古煉瓦をリアルに再現したキャン’ブリックと、石調やテラコッタ風な床タイルを製造販売。米国製アンティーク調照明デザイナーズ ファウンテンが好評。

  • カレンダー

    2016/03
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最新記事

  • 最近のコメント

    • 月別の記事

    • カテゴリ

    • リンク