メジ?メヂ?

2015年3月7日 12:00

Category: タイルやレンガ

何気ない会話の中で、ふと話題になりました。
『「目地」の読み方って、「メジ」と「メヂ」どっちが正しいんだろう??』

確かに、各メーカーさんそれぞれですね。
  NSメヂ

気になったら調べたくなる技術担当Sです。
早速調べてみました。

「地」という文字が使われている言葉は、
「地下、土地」は「ちか、とち」
「地面、地震」は「じめん、じしん」と表記しますね。

「ぢ」と読むのはどんな時でしょう?

「昭和61年内閣告示第1号 現代仮名遣い 本文第2(表記の慣習による特例)」から抜粋すると、

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」
例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる
(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」
例 はなぢ(鼻血) そこぢから(底力) ひぢりめん
いれぢえ(入知恵) ちゃのみぢゃわん まぢか(間近)

「地」という文字が出てきませんね。。。
もう少し読んでいくと、、、

[注意] 次のような語の中の「じ」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」を用いて書く。
例 じめん(地面) ぬのじ(布地)

ん?もともと濁っている?どういうことでしょう。

基本に戻って漢字辞典を調べてみると、
「地」の読み方・・・「チ、ジ」

「ヂ」はないじゃないですか!
ということで正解は「メジ」。案外あっさりした答えでした。

では、「メヂ」というのは誤りなのでしょうか?

いえ、日本のカナ表記にはもうひとつ、歴史的仮名遣いというものがあります。
古くは平安時代から、変化しながら昭和初期まで使われていた表記です。
「蝶々」が「てふてふ」だったり、
「恵比寿」が「ヱビス」だったり、
「ラジオ」が「ラヂヲ」だったり、、、出ました「ヂ」!

つまり「メジ」は、元は「メヂ」と表記していたのです。

まとめると、
現代においては正式には「メジ」と表記するが、
歴史を考えると「メヂ」でも正しい、
ということになります。

レンガとは切っても切れない関係の目地、読み方一つでも歴史を感じますね。

  • プロフィール

    Can'Enterprises,Inc.

    Author: Can'Enterprises,Inc.

    古煉瓦をリアルに再現したキャン’ブリックと、石調やテラコッタ風な床タイルを製造販売。米国製アンティーク調照明デザイナーズ ファウンテンが好評。

  • カレンダー

    2015/03
    « 1月   9月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新記事

  • 最近のコメント

    • 月別の記事

    • カテゴリ

    • リンク