旧万世橋駅 その1

2014年10月9日 17:31

Category: 近代建築, タイルやレンガ

中央線の神田~御茶ノ水間にあったという旧万世橋駅の遺構が再開発されて

一時巷でニュースになっていましたね。

かつて通勤通学時に電車の窓から毎日その高架を見ていたのですが、

再開発され中に入れるとのことで見学に。

写真1外観その1

現在あるのはホーム跡というか鉄道高架部分になるわけです。

ばっちりレンガ積み。 興奮します。

写真2外観その2

コーニス下のデンティル調に組まれたレンガに目が留まります。

全体のパターンもイギリス詰みになっていますね。

そういえば以前に写真を撮った有楽町駅付近の高架下も・・・

写真3有楽町付近

イギリス積みになっています。

 

駅舎はどんなだったのだろう?などと思ったらこのような豪華な駅舎。

manseihashi

なんと東京駅か!と見紛う雰囲気。素晴らしきかなれんが建築。

やはり辰野金吾の作品でした。

東京駅ができるまで中央本線の起点駅で賑わう豪華な駅舎だったようです。

と、いいますか 賑わう万世橋界隈目指して鉄道が延伸した というのが正解のようです。

元は途中駅でなくて起点駅だったのですね。何もしらずm(_ _)m

次回は当時の跡をもう一つ

  • プロフィール

    Can'Enterprises,Inc.

    Author: Can'Enterprises,Inc.

    古煉瓦をリアルに再現したキャン’ブリックと、石調やテラコッタ風な床タイルを製造販売。米国製アンティーク調照明デザイナーズ ファウンテンが好評。

  • カレンダー

    2014/10
    « 9月   12月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最新記事

  • 最近のコメント

    • 月別の記事

    • カテゴリ

    • リンク