法務省旧本館

2014年8月8日 16:45

Category: 近代建築, タイルやレンガ

霞ヶ関にある法務省旧本館。
ドイツ人建築家の基本設計による、ドイツ・ネオバロック様式の歴史的建造物です。

Justice

私は、この辺の地理に不案内なので国会議事堂を見て、日比谷公園方向に歩いていたら、この建物が突然現れたのでビックリと同時に大喜びでした。
ブログに載せるつもりでいながら、撮影に来ていなかったからです。

19世紀の先進諸国では、ネオ・バロック様式こそ国家の威信を最もよく表現する建築様式とみなして、多くの建物がこの様式で建てられたそうですが、 法務省旧本館もかわらずに、周りの環境と相まって、威厳のある佇まいです。

さて、この建物は小口積み・・・いわゆるドイツ積みです。
サイズは日本の通常サイズより1回り大きい、約120×70ほどのれんがです。

  • プロフィール

    Can'Enterprises,Inc.

    Author: Can'Enterprises,Inc.

    古煉瓦をリアルに再現したキャン’ブリックと、石調やテラコッタ風な床タイルを製造販売。米国製アンティーク調照明デザイナーズ ファウンテンが好評。

  • カレンダー

    2014/08
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最新記事

  • 最近のコメント

    • 月別の記事

    • カテゴリ

    • リンク